自分に合った靴を選ぶ

外反母趾の予防・改善には普段毎日履いている靴も重要です。

ハイヒールのように足に負担のかかる靴はもちろんですが、普通の靴でもサイズが合わない等の理由で外反母趾を悪化させてしまう原因にもなります。

gaiha16

歩き方などの改善も大切ですが、普段の生活から自分に合った靴を選んで履くことも外反母趾を改善させるには大切です。

すでに外反母趾になってしまっている方はサイズの合わない靴を履いていると痛みも悪化するので、尚更足に負担のかからない靴を選ぶことが重要になってきます。

 

 

自分に合う靴を選ぶ

外反母趾対策としてどんなに歩き方を改善しても、マッサージ等で足裏ケアをしても、合わない靴を毎日履いていたら治るものも治りません。

足にできるだけ負担をかけないように、自分に合う靴を選ぶためにチェックするべきポイントをいくつかご紹介します。

 

足の幅と全長

新しい靴を買う時は足指の一番長い指に合わせ、幅にも少しゆとりを持たせましょう。

足指の幅は少し余裕がほしいですが、逆にかかと部分はあまり隙間があるとすっぽ抜けてしまったり靴ずれの原因にもなるのでサイズが大きくなり過ぎないように注意しましょう。

 

足にフィットしているか

足指部分に広げられる幅と軽く指が曲げられる高さがあるかも重要ですが、全体的に「きつ過ぎず」「ゆる過ぎず」しっかりと足裏全体にフィットした物を選びましょう。

 

数分間歩いてみる

新しい靴は無理がなく歩くことができるか、実際に履いてみて数分間歩いてなじませてみましょう。

歩いてみて圧迫感があったり、痛みがあり足が赤くなってしまったりという症状が伺える場合は返品かサイズ交換するのも一つの手です。

 

靴の種類

ハイヒールやパンプスは足に負担がかかるため外反母趾には良くないと言われています。

どうしても履かなければいけない理由等がない場合は外反母趾が改善するまではスニーカーや幅に余裕があるサンダルなどをオススメします。

 

仕事等でどうしても履かなければいけない場合、外反母趾用のパンプスなども売っているのでチェックしてみましょう。

外反母趾用のパンプスと言っても普通にデザインもオシャレで機能性も高いので普段の生活でも使用できます。

こちらのLa luna「プレーンパンプス」2015年度上半期楽天靴の売上1位を記録するなどの大人気商品ですし、外反母趾対策をしつつオシャレもできる靴という物もどんどん増えてきています。

 

 

まとめ

靴は毎日履くものですので、自分に合ったものを選ぶことがとても重要です。

しっかりと足に合う靴を履いていれば、痛みも軽減しますし歩く姿勢も正しくなり体の歪みも改善されます。

 

どうしても痛みが酷いという方は外反母趾用の靴やオーダーメイド等で自分の足専用の靴を用意してしまうのもいいでしょう。

外反母趾だけでなく体全体のバランスを整えるためにも靴選びはとても大切なことですので、可愛さや見た目だけでなく本当の意味で自分の為に良い靴という物をじっくりと探してみましょう。

 

トップページで悩み解決

 

---- Sponsored Link ----

   

 - 予防・対処法 ,